煙と馬鹿と俺 2.1


[climbing] プロジェクト オープニングコンペ 中堅
2月 2, 2010, 11:42 pm
Filed under: competition, project | タグ: , , , ,

2010/01/30:
さて、待ちに待ったクライミングジム プロジェクトでのコンペ。先週の荻パンでのLMSの反省を元にコンペの前二日はジムに行かない、コンペの前日はアルコール摂取しない、と自分に厳命して(当たり前?)の挑戦。
さらに、一週間しか無かったけれど、一日の摂取カロリーを約1000kcalに抑えて減量に挑戦。一週間でどれだけ効果あるのか甚だ疑問だけど、これはコンペだけに向けたものではないので、体が動かなくなってしまうんでなければOK。

緊張からなのか、コンペの前日はやたらとお腹が減るし、酒が飲みたくなる。その欲求に負けた結果は・・・、言わずもがなですね。

このコンペは「緩め」、「中堅」、「激しめ」の3クラス。プロジェクトでいう赤テープから緑テープが中堅。
用意された課題は4グレードで各10課題(易 オレンジ<緑<茶<ピンク 難)、総計40課題あり、下から2つのグレード20課題が緩めクラス、真ん中の2つのグレードが中堅、上が激しめ、という形でグレード毎に10課題は共有、という形でした。

VJ、DJの方たちもいてオープニングから大興奮。


アキヨちゃんを発見してさらに興奮。自分を含め、出場者のみんながかぶりつきで登りを見てました。

前半に緑を全部、後半に茶色を5個、という目論見でトライ。前半は緑10課題中の9完登、逃した一つはみんな避けていた様子だったので(凄く悪いスローパーを止める必要がある)スルー。

2時間のレスト時間の後に後半戦がスタート。激しめクラスの登りを見て茶色の登り方をしっかり覚えていたので、半分ぐらいは落とせるだろう、とたかをくくっていたのですが、やはり激しめクラスに出るような方たちはレベルが一つも二つも離れていて簡単そうに見えた課題が


止まらない

止まらない

止まらない

結局後半は1本も完登出来ずの9/20でK点2 48人中22位で終了しました。

決勝は常に最前列のベスポジで観戦。

激しめクラスの方々の登りを堪能。みんな6年とか10年選手だったし、若いから追いつくことはたやすく無いと思うけれど30までにあの決勝の場に上がって戦えるようになりたい。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告


[climbing] プロジェクト 減量2日目
1月 27, 2010, 3:41 pm
Filed under: boulder, project | タグ: , , ,

食事を減量メニューに変えて、間食を一切なくして二日。
自分の体がどれだけ動かなくなるのか心配だったけれど、プロジェクトではいつも通り、登れる課題は登れたし、登れなかった課題も徐々に進めることが出来た。まだたった二日とはいえ、思ったより体が動くので栄養が不足しているという事は無さそう。ただ、少し集中力が切れるような感覚があるけれど、これは栄養のせいなのか、慣れて無いからなのかは不明。

プロジェクトで登っていると、足の使い方が非常に大事だということを思い知らされる。ヒールの使い方やトウの使い方、足を切る時切らない時、キョンで張って、スメアして、等など足の置き方一つでその次の1手が出たり、途中でよれてしまったりする。

クライミングで足を使い始めると、関節を自分でキメて固定するような動きをしたり、普段使わない膝まわりの筋肉を使ったりするので、特に膝関節のまわりには注意したい。

コンペに向けて、今回は二日間レストして行こうと思う。荻パンでの結果が良い刺激になって、かなり良いコンディションで迎えそうな気がする。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する



[climbing] プロジェクト 電車でGO
1月 20, 2010, 3:42 pm
Filed under: boulder, project | タグ: , , ,

久しぶりに平日電車に乗って一路プロジェクトへ。
コンペの下見、というよりは自分の成長に必要なものがあのジムにはありそうな気がしている。
後は恵比寿J&Sのカッチカチのネッチネチのムーブが必要だと思う。

この前大ちゃんが言っていた
「ジムではグレードにこだわらず、出来ないムーブの練習をした方が良い」
という言葉がずっと残っていて、自分の苦手なムーブ、自分に足りないムーブって何か。逆に自分が得意なムーブってなんだろうか、と考えている。

最近ビニール無しでは履くことが出来ないチーム5.10とソリューションによって、足置きは以前に比べて非常に上手くなったように思う。今までいかに適当においていたか、つま先に乗れていなかったのか、わかる気がする。良い場所で踏まないと痛すぎて登れないだけなんだけど。

結局これが得意!って言えるほど登れるわけでもないので、どのムーブの練習も必要です。
ただ、カチで持つようなホールドは逃げがちなので指を痛めない程度に触るようにしよう。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する



[climbing] プロジェクト トウフックとスリッパと大ちゃん
1月 16, 2010, 3:30 pm
Filed under: boulder, project | タグ: , , ,

中野島にでも行ってTSUNAMIにトライしたかったんですが、ビレイヤーが見つからなかったので断念。最近心はリードに向かうばかりです。
結局、モリモリが仲間と一緒にプロジェクトに行くというので便乗。

結局ほぼ全ての時間を赤テープへのトライに費やして、出来た課題はひとつだけ。相変わらず辛い。
後は、プロジェクトで登ってると凄い勢いで腕がヨレる気がする。少し遠めのホールドを掴んで、かぶった壁を登るから知らず知らず普段より使ってるのかな。出来れば平日も通いたいんだけど、いかんせん片道1時間だからなぁ・・・・。悩ましい。

ひょんな事から小山田さんが課題を作ってくれて、最後の1時間半はつきっきりで課題作ってもらいつつ教えてもらいつつ、という感じだった。世界トップクラスのクライマーがこの距離感でいる、というのは凄いことだと思う。テンションうなぎのぼりで作ってもらった課題にどんどんトライするも、5つ作ってもらった課題のうち3つ完登、二つは終了点タッチ落ち。宿題がどんどん増える。

とっつきにくそうな人だと思ってたんだけど、実際に話してみると物凄く話しやすくて自然体の人だった。それに、結構イイカゲンでおちゃめ。コンペにみんな出たらいいのに、と言いながらいつやるのか、何時からやるのか良く知らなかったり。

課題を教えてもらっていた時に、トウフックの箇所を実際にやって見せてくれた。
靴下にスリッパ履いたままで、あんなままトウフック決められるのか・・・・と見ていたら

世界の小山田大が僕の目の前でスリッパすっぽぬけて落ちた

世界ランキングで1位になっちゃうような人が関東で一番凄いジムの片隅の赤テープぐらいかな、という課題で

スリッパすっぽぬけて落下した

っていうぐらい、接しやすくて良い人。

赤テープのグレードが物凄い辛くて幅広い事について質問したら、一番人口が多いグレードである事と、体格で体感グレードが大きく変わっちゃうから意図的に幅広くしてるんだって。辛い点に関しては特に答えなかった。
ほんで、ジムではグレードにこだわらずに出来ないムーブ、苦手なムーブを習得するために登る事を意識したら良い、と言っていた。これには凄く納得。しばらく嫌いな課題を意識的に登ろうっと。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する



[climbing] 鴨居 プロジェクト 大ちゃんは小さかった
12月 9, 2009, 12:01 am
Filed under: boulder, project | タグ: , , ,

※写真はオブザベ中のチッペ

12/06:
オープン二日目に行って来ました、小山田大さんのジム「プロジェクト」。
今回は車で行ったのですが、周りの建物もでかいことでかいこと。ショッピングモールやティップネス、IKEAなど巨大な建造物が立ち並ぶ地域を一歩越えた河原沿いにありました。大ちゃんのブログで建物は見ていたから、行けばすぐに分かるだろうと思っていたのだけれど、実際は周りの建物も全部似たような倉庫だったので何度か通り過ぎてようやく到着しました。

入ってすぐにあるショップエリアは凄く綺麗で、スタッフの方もにこやかで丁寧。早くも良い所だなー、と感激。いや、どこのジムも接客悪いと思ったことなんて無いですけどねwそんなこと求めて無いしw

毎度お馴染の誓約書にサインをして入会です。入会金は1,000円と意外と低め。料金も土日は通日2,000円だから、思っていたより普通の価格。やっぱり都心の一等地にあるから仕方ないけど、ペキペキは高いw

カウンターの横にROCK&SNOWが置いてあったので、発売したんだなー、と思いながら眺めていたら
「今日発売のROCK&SNOWですよ、良かったら大ちゃんからのサインも付けます(笑)」
とスタッフの方。
「あ、めっちゃ欲しいです!」
と大声で反応したら、ショップの奥からこちらに向かってくる一人の男性。
そうじゃないかと思ってジムに入るなりずっとチラ見してたんですが、小山田大さんご本人でした。
めっちゃ恐縮しながらROCK&SNOWを購入してサインしてもらう。本人からサインもらうっていう行為が初めての体験だったので、変に恥ずかしくて緊張。この本は宝物だ!実はあまり詳しく経歴とか知らないけれど・・・・w

数字として、身長は知っていたので、小柄な人なんだなー、とは思っていたけれど、本人を前にするとやっぱり小柄でびっくりしました。その分得意な事とかもあるんだろうけれど、一般的なスポーツで言う恵まれた体格ではないと思うのに、最強クライマーの1人である、という事はクライミングっていうスポーツは体格だけじゃない証拠かなー、とかとか。

さて、中に入って驚くのがその広さ!開放感!
天井が高くて、その3分の1ぐらいしか使ってないせいか、物凄く広く感じる。
この時点でテンション鰻登り。イソイソと着替えて荷物を2Fに置いたら早速トライ。

先に到着していたペコマの話だと、噂どおりの辛めのグレーディングで4~5級と書かれた赤いテープの課題で既に出来ないものがいくつかあるとか。そんな課題をコンペ後の疲れた体でいきなり触るわけにいかないので、とりあえずは8以下を全部登ってアップ。

8以下で既にアップとしてはかなり辛い課題もありつつ、なんとか全部登る。8級とか、報告するレベルじゃなくねー?とは思うんだけれど・・・・。一応、全部の傾斜に8級以下の課題があったので色々な傾斜を体験。後ろを全く気にせずに登れる、と誰かが書いてた通り、本当に自由に登れた。ちょっと、終了点まで行くと傾斜と高さがあいまって怖いけれど。

アップ後に赤テープを触ったり、緑テープで落とせる課題を探したりしつつ、なんのかんのと閉店間際まで遊び続けて3人ともぐったり。入ってすぐのタワーのスラブ面の緑と、右側面の壁の一番手前のスラブの緑(スラブばっかだな)を一応落とした。

まだまだ触ってもいない課題が山のようにあって、登る側から遠藤ゆかさんや大ちゃんが課題増やしていくから、向こう数年はプロジェクトの課題を登りつくす事は無いね!

最後の方は、大ちゃんの作りたての課題に登らせてもらったり、「この課題初登したらスタートテープ張らせてあげる!」というEゆかさんの言葉にみんなで盛り上がってトライして全員赤テープにはじき返されたりと非常に楽しかったです。ふらーっと来て、1分ほど立ち止まって「出来た」とつぶやいておもむろに赤テープを張り出す大ちゃんを見ていて、4~5級が物凄い理由を知りました。

最後はセール中のインガ製品を物色して、クラパンを購入。図々しくも大ちゃんのサインを要求するミーハー丸出しな俺。このパンツ履いて強くなる!

スタッフの方の話だと、1月23日にコンペを行うらしい。荻パンとかぶっちゃったのが悩ましい。どっちにしようかなー!贅沢な悩みだね!

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する