煙と馬鹿と俺 2.1


[competition] 船橋ロッキー P2ボルダリングカップ2010
10月 11, 2010, 12:30 am
Filed under: ロッキー船橋, boulder, competition | タグ: , , ,

2010/09/04 船橋ロッキーで行われた「ヨシキP2ボルダリングカップ2010」に参加してきました。先日PUMP川崎店で行われたRules of Powerでミドルに入賞してミドル卒業宣言をしたのですが、それよりも前にエントリーを済ませてしまっていたためミドルBというクラスでの参加です。

8月半ばは山行三昧だったので、万全の体調とはいきませんでした。ただ、今回は普段ペキペキで一緒に登っている仲間も多数参加していたのでいつもよりリラックスして登ることが出来たように思います。(いつもは僕だけというケースが多い)

続きを読む

広告


[indoor bouldering] T-WALL大岡山でクライミング
7月 25, 2010, 3:17 pm
Filed under: boulder, t-wall 大岡山 | タグ: , , ,

クライミングを続けていると、毎日登ることがいつのまにか当たり前になってしまう。特に1時間とか2時間とか車で出かけていって、登る事、これが当たり前になってしまう。

確かに、クライマーにとっては毎週末に訪れる場所で、喜びも悲しみも、悔しさも達成感も味あわせてくれる、日常の場所だ。でも、その場所は大抵の人が1時間も2時間”も”かけて観光に訪れる場所でもある。

今日訪れたT-wall大岡山でそうした差分の一端を味わった。こんなブログでも読んでくれる人がいるので、毎回面白いブログにはならないかもしれないがマメにブログを更新しようと思う。内容を覚えていてくれる人がいるというのは大きな喜びだ。今日は本当に楽しい一日だった。

 



[climbing] 御岳 素登り3日目
2月 8, 2010, 3:09 pm
Filed under: boulder, 御岳 | タグ: ,

2010/02/07:
日曜日は朝から御岳へ!と意気込んでたのに起きたら9時。まるで平日みたいに遅く起きてしまいました。

プロジェクトのコンペが終わってから一週間、熱は出ないものの体はだるいしやたら痰が出るしと調子の悪かった体も、大分復活していたから気合入ってたんですが、回復に向けて最後の〆に体が睡眠を欲してたみたい。

12時頃に御岳に到着したら、既に昼飯を食いに行く時間ということでうっちーさん、シャケさんの案内のもと丹三郎というお蕎麦屋さんへ。大きく立派な門をくぐると、かやぶきの家屋が。トビラをあけて中に入ると、赤々と燃える囲炉裏があり、テーブルはコタツ、という落ち着いた雰囲気。
週末はストレスフリーに過ごすことになっているので、欲望の赴くままに天ぷらそばを注文し、さらにふきのとうのてんぷらも追加。デザートは蕎麦ぜんざいと色々堪能。どれもこれも素晴らしく美味しくて、感激でした。

食を堪能した後は、御岳に戻って岩を堪能。
ピンチオーバーハングの発射に成功。以前はスタートも出来なかったことを考えると成長してるってことだね!
あんまり打ち込んでも仕方ない気がするので、ちまちま試しうちして、そのうち止まる事に期待したい。
ファットブロッカー、ファットアタッカーも少し触ったけど、これも前より足に余裕がある感じ。
でも、今日のメインは素登りだったのであまり打ち込まず。

しばらく遊んだ後は忍者岩に移動。
アップは完了していたので、素登りにトライしたら、今まで取れなかったガバ手前のポッケに指があっさりかかった!
これに気をよくして「今日落とす!」と息巻いてトライするも、3便目にポッケからの飛ばしでガバに指が触れたのを最高到達点にして、後はよれるばかり。コンディションはそんなに悪くなかったのに、たったこれだけのトライで集中が切れてしまうのはもったいないなぁ。
下地が悪いので、1本1本集中してトライしないといけないから、よれるのも早いのかな。
さらにそのヨレたテンションで忍者にいったら、飛ばしこそ失敗しないものの、上部のクラックが取れずに落ちる落ちる。
しかも背中から落ちたり横から落ちたりとひどい有様でございました。反省!

暗くなる前にマミ岩に移動して、ウッチー先生のご指導のもと、カスミンがマミ岩3級にトライ。
スタートは安定して切れるようになってきたところで暗くなって終了してしまったけれど、次は出来るんじゃないかなー。

夕飯は、満場一致で肉が食べたいということで、びっくりドンキーに行ったのですが、脅威の11組待ちに追い返され、拝島駅の方に移動して横田基地のすぐ横にあるアメリカンダイナーへ。
アメリカの毒気にやられてモリモリと食事を始めるクライマーご一行。ただでさえ量のある食事を食べつくしたあとには当然のようにアメリカンサイズのデザートを注文。このお店も凄く美味しかったので、また行きたいなー。

そして、ブログを書いていて気がついた反省。
御岳が普段の場所になりすぎて、今更写真撮る気にならない件。
ブログが寂しいのでもっと写真撮ろうと思いました。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する



[climbing] プロジェクト オープニングコンペ 中堅
2月 2, 2010, 11:42 pm
Filed under: competition, project | タグ: , , , ,

2010/01/30:
さて、待ちに待ったクライミングジム プロジェクトでのコンペ。先週の荻パンでのLMSの反省を元にコンペの前二日はジムに行かない、コンペの前日はアルコール摂取しない、と自分に厳命して(当たり前?)の挑戦。
さらに、一週間しか無かったけれど、一日の摂取カロリーを約1000kcalに抑えて減量に挑戦。一週間でどれだけ効果あるのか甚だ疑問だけど、これはコンペだけに向けたものではないので、体が動かなくなってしまうんでなければOK。

緊張からなのか、コンペの前日はやたらとお腹が減るし、酒が飲みたくなる。その欲求に負けた結果は・・・、言わずもがなですね。

このコンペは「緩め」、「中堅」、「激しめ」の3クラス。プロジェクトでいう赤テープから緑テープが中堅。
用意された課題は4グレードで各10課題(易 オレンジ<緑<茶<ピンク 難)、総計40課題あり、下から2つのグレード20課題が緩めクラス、真ん中の2つのグレードが中堅、上が激しめ、という形でグレード毎に10課題は共有、という形でした。

VJ、DJの方たちもいてオープニングから大興奮。


アキヨちゃんを発見してさらに興奮。自分を含め、出場者のみんながかぶりつきで登りを見てました。

前半に緑を全部、後半に茶色を5個、という目論見でトライ。前半は緑10課題中の9完登、逃した一つはみんな避けていた様子だったので(凄く悪いスローパーを止める必要がある)スルー。

2時間のレスト時間の後に後半戦がスタート。激しめクラスの登りを見て茶色の登り方をしっかり覚えていたので、半分ぐらいは落とせるだろう、とたかをくくっていたのですが、やはり激しめクラスに出るような方たちはレベルが一つも二つも離れていて簡単そうに見えた課題が


止まらない

止まらない

止まらない

結局後半は1本も完登出来ずの9/20でK点2 48人中22位で終了しました。

決勝は常に最前列のベスポジで観戦。

激しめクラスの方々の登りを堪能。みんな6年とか10年選手だったし、若いから追いつくことはたやすく無いと思うけれど30までにあの決勝の場に上がって戦えるようになりたい。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する



[climbing] プロジェクト 減量2日目
1月 27, 2010, 3:41 pm
Filed under: boulder, project | タグ: , , ,

食事を減量メニューに変えて、間食を一切なくして二日。
自分の体がどれだけ動かなくなるのか心配だったけれど、プロジェクトではいつも通り、登れる課題は登れたし、登れなかった課題も徐々に進めることが出来た。まだたった二日とはいえ、思ったより体が動くので栄養が不足しているという事は無さそう。ただ、少し集中力が切れるような感覚があるけれど、これは栄養のせいなのか、慣れて無いからなのかは不明。

プロジェクトで登っていると、足の使い方が非常に大事だということを思い知らされる。ヒールの使い方やトウの使い方、足を切る時切らない時、キョンで張って、スメアして、等など足の置き方一つでその次の1手が出たり、途中でよれてしまったりする。

クライミングで足を使い始めると、関節を自分でキメて固定するような動きをしたり、普段使わない膝まわりの筋肉を使ったりするので、特に膝関節のまわりには注意したい。

コンペに向けて、今回は二日間レストして行こうと思う。荻パンでの結果が良い刺激になって、かなり良いコンディションで迎えそうな気がする。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する



[climbing] プロジェクト 電車でGO
1月 20, 2010, 3:42 pm
Filed under: boulder, project | タグ: , , ,

久しぶりに平日電車に乗って一路プロジェクトへ。
コンペの下見、というよりは自分の成長に必要なものがあのジムにはありそうな気がしている。
後は恵比寿J&Sのカッチカチのネッチネチのムーブが必要だと思う。

この前大ちゃんが言っていた
「ジムではグレードにこだわらず、出来ないムーブの練習をした方が良い」
という言葉がずっと残っていて、自分の苦手なムーブ、自分に足りないムーブって何か。逆に自分が得意なムーブってなんだろうか、と考えている。

最近ビニール無しでは履くことが出来ないチーム5.10とソリューションによって、足置きは以前に比べて非常に上手くなったように思う。今までいかに適当においていたか、つま先に乗れていなかったのか、わかる気がする。良い場所で踏まないと痛すぎて登れないだけなんだけど。

結局これが得意!って言えるほど登れるわけでもないので、どのムーブの練習も必要です。
ただ、カチで持つようなホールドは逃げがちなので指を痛めない程度に触るようにしよう。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する



[climbing] プロジェクト トウフックとスリッパと大ちゃん
1月 16, 2010, 3:30 pm
Filed under: boulder, project | タグ: , , ,

中野島にでも行ってTSUNAMIにトライしたかったんですが、ビレイヤーが見つからなかったので断念。最近心はリードに向かうばかりです。
結局、モリモリが仲間と一緒にプロジェクトに行くというので便乗。

結局ほぼ全ての時間を赤テープへのトライに費やして、出来た課題はひとつだけ。相変わらず辛い。
後は、プロジェクトで登ってると凄い勢いで腕がヨレる気がする。少し遠めのホールドを掴んで、かぶった壁を登るから知らず知らず普段より使ってるのかな。出来れば平日も通いたいんだけど、いかんせん片道1時間だからなぁ・・・・。悩ましい。

ひょんな事から小山田さんが課題を作ってくれて、最後の1時間半はつきっきりで課題作ってもらいつつ教えてもらいつつ、という感じだった。世界トップクラスのクライマーがこの距離感でいる、というのは凄いことだと思う。テンションうなぎのぼりで作ってもらった課題にどんどんトライするも、5つ作ってもらった課題のうち3つ完登、二つは終了点タッチ落ち。宿題がどんどん増える。

とっつきにくそうな人だと思ってたんだけど、実際に話してみると物凄く話しやすくて自然体の人だった。それに、結構イイカゲンでおちゃめ。コンペにみんな出たらいいのに、と言いながらいつやるのか、何時からやるのか良く知らなかったり。

課題を教えてもらっていた時に、トウフックの箇所を実際にやって見せてくれた。
靴下にスリッパ履いたままで、あんなままトウフック決められるのか・・・・と見ていたら

世界の小山田大が僕の目の前でスリッパすっぽぬけて落ちた

世界ランキングで1位になっちゃうような人が関東で一番凄いジムの片隅の赤テープぐらいかな、という課題で

スリッパすっぽぬけて落下した

っていうぐらい、接しやすくて良い人。

赤テープのグレードが物凄い辛くて幅広い事について質問したら、一番人口が多いグレードである事と、体格で体感グレードが大きく変わっちゃうから意図的に幅広くしてるんだって。辛い点に関しては特に答えなかった。
ほんで、ジムではグレードにこだわらずに出来ないムーブ、苦手なムーブを習得するために登る事を意識したら良い、と言っていた。これには凄く納得。しばらく嫌いな課題を意識的に登ろうっと。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する