煙と馬鹿と俺 2.1


[climbing] BLoC第四戦 マーブー ミドル
11月 30, 2009, 2:54 pm
Filed under: マーブー, boulder, competition | タグ: , , ,

2009/11/28

待ちに待ったBLoC第四戦、武蔵村山にあるマーブーというジムでのコンペ。
東京から向かうと結構かかる(実は1時間ぐらいでいけた)ので、所沢に誕生したペッペ家に前泊させてもらっての挑戦。
泊めてもらった事で凄く良かったなー、と思ったのが壁に対するテンションがキープどころか上向きになってジムに向かえたこと。

金曜の夜に放送された「日本を変える100人」という平山ユージが出演した番組を録画してあってテンションうなぎのぼり。
朝から山野井夫妻の「白夜の大岩壁に挑む~クライマー山野井夫妻~」を見てさらに大興奮。

ジムに到着した時は早く着きすぎてまだ準備も途中だったり。最初は知ってる人誰もいないんじゃないかと思ってたけれど、徐々に集まってくる中には荻パンで良く見かけてスゲー、と思ってる人がいたりして場違いなところにきちゃったかなー、とか緊張してた。

でも、いつも通りに体少し動かして、ストレッチして、課題に向き合ってオブザベを始めたら不思議なほど落ち着くことが出来た。

今回のコンペは予選はセッション方式で、課題10本にボーナスポイント各1箇所。ボーナスポイントの獲得数と課題のクリア数で競う。ボーナスポイントっていうのは、課題の途中に設置されているホールドで、ボーナスホールドの基準はわからないけれど、終了点よりも何手か手前に設定されていて、そのホールドを保持するとボーナスゲットとなる。もしくは、完登すればボーナスも取ったことになる。

スロースターターな自分には珍しく、この日は最初から調子が良くて、前半で安定して6本、後半3本落として9登。
後半戦は最後に一つ残ったカチカチ課題に5人ぐらいで延々取り付いてて、これみんなで結託して休憩に当ててたら決勝もっと頑張れたんじゃないの、という感じ。でもこの打ち込む感じがイイ。

結局、予選完登の2人+最後取り付いてた5人が決勝進出して7人での決勝戦。ミドルはそれぐらい実力伯仲してた。実力が伯仲してる奴らと登るのは本当に面白い。ずーっと、腕が続く限り登っていたくなる。

決勝は3本の課題が設定されていて、ベルトコンベア方式というシステムだった。課題はスラブとどっかぶりと100度と130度の壁の角にそれぞれ一つ。スラブ→どっかぶり→角の順で登ることが決まっていて、持ち時間は各4分+課題と課題の間に4分の休憩。選手は次から次から休み無く登って、途中は3課題全部に選手が取り付いてる状態になる。

どの課題も落とせる気がした(実際にコンペの後にトライしたら2回ぐらいのトライで落とせた)にも関わらず、スラブを落としてからはどの課題にも全く歯が立たず、3個目の課題で運良くボーナスがとれただけだった。多分、疲れてたのもあるんだろうけれど、緊張で力の調整が出来てなかったのが一番大きいと思う。これからコンペにトライしていくにあたっての課題はメンタルコントロールだなー。


最終的に、ミドルの3位になることが出来た(詳細な結果はこちら)。
クライミングを始めて初の入賞。物凄く嬉しいんだけど、同時に凄くふがいないなー、と思う。優勝した人達と、まだまだ差があると思うけれど今回の決勝での動きを見る限りでそれほど負けてないように思えた。

来年の目標はオープンで戦えるようになることだな!

自分のことばかり書いてしまったけれど、この日はオープンの女子も同時に行われていて、写真はオープン女子の表彰式。
ちびっこめちゃ強い。強い女の子っていいよね。見ていて色々沸いて来る。負けたくないって気持ちとか、尊敬の気持ちとか、驚きとか、色々。勝負できそうなレベルに見えるってのもあるのかなー。
オープンの男子とか、いつかは!って思うけど今はとても一緒にセッションできるとは思えないもんねw

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告


[bouldering] 目標決定
11月 23, 2009, 2:59 pm
Filed under: マーブー, boulder, PUMP2 | タグ: , , ,

ランナウトのコンペが終わってからずーーーーーーーっと
目標を見失ったみたいにフラフラしてて、それまでの一ヶ月で手に入れた成長に満足して
凄くふがいない状態だったけれど、ようやく突破したような気がする。

クライミングのモチベーションは自分1人では維持できないと思うから一緒に登る仲間は凄く大事にしたいと思う。
だけど、仲間だけを大事にしたら、クライミングの成長が鈍化する。
仲間を大事にして楽しく一緒に登っているうちに、2年後とか3年後とかに12台が落とせるようになるとは思う。
でも、僕はそういう成長曲線だったらきっと楽しくない。

だから、きちんとトレーニングして目標に向けて進みつつ、飲める時は飲む。ただし深酒注意。
大体同じペースで同じジムに行ってるんだから、一週間後にこのジムに来る時に登れるようになる課題を設定したい。
そしたらそれを意識して練習できるし。

連休初日、ペッペとカスミンと一緒に武蔵村山のマーブーというジムに行った。
28日に行われるBLoCの下見をしに僕が行きたがったのに付き合ってもらった形。
マーブーというジムは非常に小さくて、更衣室なんて1人ずつしか使えない。
きっと当日はクライマーが沢山そこらへんで着替えるんだろう。ランナウトみたいに上裸禁止されるのかな。僕はクライマーの背中見るのが大好きなので、男は全員脱いで登ったらいいと思う。

一番下の課題で7級だったので、始めたばかりの人がいくには少し大変かもしれない。ペキペキと比べても仕方ないけれど、当然マーブーの方が辛い。

初めてのジムに行くと、壁の形状、ホールドの形状、課題の癖に慣れていないから、凄く優しいはずの課題でも一本一本いつもより集中して登っている感じがするのが良い。人も少なかったからモリモリ登れた。

このところ、左手の中指、薬指、小指が腱鞘炎みたいな感じで強く握りこめないのだけれど、一応3級の課題は一つ落とせた。一つってのが情け無いから、とりあえず左手を治そう。アイシングもできるようになっていたので、しっかりとアイシング。

帰りがけに噂の仙竜というラーメン屋に寄った。聞いていた通り、特に美味くもないラーメン屋で、値段がやたらと高かった。
ノーマルなラーメンは750円なのに、接頭辞が増えるたびに300円ずつぐらい値上がりして、しまいには2000円という破格のラーメンも売っていた。ドラゴンボールにZが付いたら戦闘力の0が3個増えたとか、そんな感じ。あ、ネギラーメンが凄いらしいです。僕は絶対頼まないぞ。

日曜日は中野島PUMP2でリード。ペキグビ仲間のペッペとスダちゃん。
スダちゃんは初めてのリードだったので、トップロープから初めて最終的にはリードのビレイ&リードでのトライ。10bぐらいはリードでもヒョイヒョイ登っていた。彼はボルダーだとランジ小僧なので、リードするとどうなるのかと思ってたけど、上のほうに行っても全くムーブが変わらないのが凄い。スダちゃんの足元にマットが見えた。
ペは全然のぼれねー!とか言いながら結局12cにトライしてた。TSUNAMI壁の一番上から見下ろす景色はどんなんだろう。
ッペは左腕が痛いとか言って全然登ってなかったけど、ためてためて11aオンサイトしてた。降りてきたら腕がいてえええええって騒いでた。アドレナリン全開!

俺はというと、
ダイヤモンド?(入って右奥)
10d フラッシュ
11a RP(2撃)
TSUNAMI
11b ×
という感じ。ようやく11台を一つ落としました。

前日のアイシングが良かったのか、左手が全く違和感が無かったので。調子にのってTSUNAMI壁の11bにトライ。
アップっぽい感じで女性が登っていたのを食い入るように見つめたところ、イケルと思ったからトライした。でも3分の1ほど進んだところで完全に腕がパンプしてしまって敗退。ただ、ほとんどガバだしムーブは出来ないはずが無い。
ロープに関しては TSUNAMIの11bを当面の目標に設定。12月中に登ります。

アイシングの重要性を実感した連休でした。めっちゃ効果ある。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する