煙と馬鹿と俺 2.1


雨のミズガキ
7月 30, 2011, 3:11 pm
Filed under: 瑞牆, sport

僕としては非常に珍しく、誘われもしないのに確実に雨が降るだろうミズガキに登りに行った。外で登ることもとても大事だけれど、ジムでトレーニングをするほうが目標に近づくと思っているので雨の確率が高いような場合は割りきってジムでトレーニングをしたいと基本的には考えている。

ただ、どうして今回は岩場に行ったかというと
1.前回雨の割合が高いのにペコマ達と行ったら結構満足するまで登れた
2.夏休みに行く予定の関西、四国に岩場を調べて動画とかトポとかブログとか調べていたらとてもとても外で登りたくなってしまった
というわけで最近僕の周りで話題のカサメリはコロッセオに行ってきた。

前日の瑞牆山の天候予報を見る感じで夕方までは雨が降りそうもないので4時に出発して途中休憩したりカサメリ最寄りの駐車場(というか行き止まり?)まで迷ったりで7時頃駐車場に到着。コセロックまでは前回着ていたのであっさりと到着したが、途中のケルンを見逃してコロッセオを探すのに結構手間取ってしまった。

探しているうちに雨が降りはじめた感じだったので、気分も乗らないしボルダーでもひやかしてから帰ろうかと思いもしたのですが、ルートをじっくり見ていたらやっぱり岩で登りたくなったのでガッバガバで濡れてようが落ちる要素がなさそうなトレビの泉にトライ。

靴が濡れる恐怖から足が信用できず、さらには力みやすいガバとあいまって予想外にパンプ。見るからに濡れていた終了点直下は水たまりになっていてガバを掴んでいるとはいえ終了点に手を伸ばすのが怖くて数度ためらってからのクリップ。想像以上に濡れている事に対して体が縮こまります。

でも登ったらワクワクしてしまったので同じ場所スタートで2番目に簡単なオスティカ・アンティカにトライ。5クリップ目まではトレビの泉と全く一緒なので問題無し。そこから右上するトレビに対して、直上するのがアンティカ。別れてからの1ピン目(6ピン目)までは湿気の少ないガバを気持よく登るが、そこで7ピン目をかけた後が悪い。悪いというか濡れている。結局奮闘したものの力みすぎから前腕に痛みを感じるほどにパンプしてしまいテンション。その後トップアウトしましたが、乾いてたら気持よく登れたと思われる内容。

その後は雨が強くなってきてしまったので駐車場に戻りました。もどる途中でコセロック横で撤収準備中の方、金のわらじにトライ中の3名のパーティーを見かけました。駐車場にも自分を含めて6台ぐらい車が停まっており、どの車も無人で未撤収の様子。凄いですね。

小川山や甲府幕岩に転戦することも考えたのですが、尾川智子さんのブログでコンペが告知されていたウェストロックに登りに行くことに。

登ったルート
トレビの泉 5.10a OS(MS)
オスティカ・アンティカ 5.11a x

広告

コメントする so far
コメントをどうぞ



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。