煙と馬鹿と俺 2.1


アメリカ4 ビショップへ
6月 6, 2011, 5:20 pm
Filed under: bishop, boulder


ビショップにはサンフランシスコから車で約7時間。
一旦北東方面に国道で上がっていき、rake tahoe辺りで南下しはじめた。
ロサンゼルスの方がサンフランシスコより若干距離が近いとのこと。
ほんとはラスベガスの方が近そう。

とその話にはいる前にジムの話を少し。

レスト日は本社見せてもらったり、サンフランシスコのクライミングジムに行ったりした。

行ったジムはmission cliffs

アメリカ西海岸で展開してる大手っぽいクライミングジム。
クライミングジムにフィットネスクラブが一部併設されているようなイメージで、鍵付きロッカー、サウナにシャワー、ウェイトトレーニングの機械やルームランナー、バイクとひと通り。
ボルダーエリアは中野島のボルダーを少し手狭にしたような感じで狭苦しいけれど、注目すべきはリードの壁。
ストレートに20mは超えそうな高さの垂壁や途中にアーチがあるような形状壁とバリエーション豊富で圧倒されます。

あと驚いたのが人の多さ。中野島にいるよりも人口密度が下手したら高い感じで、簾のようにトップロープが垂れ下がっていて、みんなどんどん開いてる紐見つけて取り付く感じ。リードの方が圧倒的に少人数だった。
僕もリードしたかったけれど、ビレイするにもリードするにもお店の講習が必要とのことで断念。
10a,11a,11cをトップロープで登って後はボルダー。
ボルダーはV7でジムの中でも強い人達がセッションしていて、それにまじれる感じ。
V8,V9は数えるほどしかテープなさそうでした。

アメリカまでいってわざわざジムに行く必要は全くないのだけれど、もし時間があれば行ってみるとかなり良いです。

閑話休題
ビショップへの道中は山を越えては下り、越えては下り、基本的に国道なので快適に飛ばせるけれど、4回ぐらいグネグネとした山道を登っては降りる必要があってあまり飛ばせない。

道中は適当にハイウェイから降りてガソリンいれたり休憩をはさみつつ、交代で一路ビショップへ。
途中大きな湖をいくつか越えていく。

いよいよビショップに入るのだけれど、直前の地点が約3000m。そこから一気に1000mぐらい下ってビショップの街に到着する。周りを大山脈に囲まれたわりと寂れた街がビショップ。すぐに森林限界になる高度でまわりの山もアメリカ国内では最高峰(北米大陸ではない)の山々だとか。雪がついた稜線を見ているとすごく山も登りたくなってやばい。なんてったって樹林帯無いんだから最高だ。

この日は二人してヘロヘロになりながらビショップの街に到着して、ビールとハンバーガー食べてテントサイトに移動して即就寝。ちょっとビショップの街からは離れているけれど、1サイト5ドルの格安サイト。そこに仲間たち15人ぐらいがわーっとテント張って1泊。
多分お金をけちっているのではなくて、5/30がナショナルホリデーで大混雑のためサイトが取れないようです。

次からはいよいよビショップのボルダーを写真付きで紹介しますね。
その前にチラリ。SAD BOULDERSの駐車場付近。ゴロゴロです!

広告

コメントする so far
コメントをどうぞ



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。