煙と馬鹿と俺 2.1


[climbing] pekipeki 時間は作るもの。
12月 3, 2009, 3:59 pm
Filed under: boulder, pekipeki | タグ: ,

コンペ後の疲労を未だに引きずってます。
通勤のチャリをこぐ足が重い。
こんな状態で土曜日またコンペ。いや、めっちゃ楽しみだけど、上手い抜け出し方を見つける事を目標に頑張る!
ちなみに、ランナウトでエントリー2位のハセとこの前のマーブーBLoCミドル1位のイクタさんは川口のコンペはミドルなんだって!
ランナウトミドル優勝したハシモトさんはマスターなんだって!俺と同じクラスだね!

さて、ギリ割を利用して仕事を強引に抜け出してちょろっとペキで登ってきた。
2Fの薄かぶりの週課題がリーチ系で全然出来ず、1Fへ退避。
全然登れないし、マッハでパンプしたけど、ホールドに触れれば満足です。
後は金曜日グビらないようにして川口に行くだけ!

コンペも楽しいけれど、随分外に行ってないのでそろそろ行きたいな。リードもやりたいな。外リードもやりたいな。
回復力と集中力(仕事をいかに早く終わらせるか的な意味で)が大事。

噂によると、ようやくペキペキが営業時間延長するラシイヨ。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告


[climbing] コンディションを整える
12月 3, 2009, 3:45 am
Filed under: boulder, pekipeki | タグ: ,

ランナウトのコンペに出たときは、1ヶ月前から意識的に調整して出場しました。
出場した翌日から体調を崩し、2週間ぐらい完全には回復しませんでした。

これの原因は、当日気温が急激に下がったことと、上着とかを特に持っていなかった事だと思っていました。

横パンのコンペは、いまいちモチベーションが上がらないまま前日深酒をした結果、寝坊。
出ないなら出ない、とさっさと決断をするべきでした。

マーブーのコンペは、1週間前から突如モチベーションが復活、コンディションを整え、前日は酒を控えて出場しました。
左手の中指、薬指、小指を握りこむと手のひらが痛む症状が再発したものの、悪化はしませんでした。
翌日、体がバキバキのままセルで登ったら、流すだけのつもりが調子に乗って全力で登ってしまい、さらにバキバキに。
飯屋の人の好意により、アイシングすることが出来たので左手は大分回復。

さらに翌日、肩も腕もひどい感じだったので、アクティブレストのつもりで軽くジョギングをするつもりが、体が良く動くので調子にのって長距離ランニング。その次の日に横パンで登ったら全然登れませんでした。

コンペ後に体をきちんと回復させて、次に向かうためのメソッドを確立したい。
栄養の取り方と休養の取り方。

コンペに向けて意識したのは、コンペ前二日はレストすること。
コンペ前一週間はカロリー摂取量を少し増やすこと。具体的には炭水化物を増やした。

コンペ後・・・、今回の動きはまったくもってヒドイことはわかるのだけれど、どうするのがいいのかな。
翌日は水泳やランニングなどの有酸素運動を体に負荷がかからない程度に行う。
食事もカロリー摂取を少し増やして修復に必要なエネルギーを補給する。
とかかなー。
1日目:アクティブレスト
2日目:完全レスト
3日目:軽くジムで登る
とかだと上手いこといきそうな気がする。

ポイントは、登れない自分にへこまないことだな。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する