煙と馬鹿と俺 2.1


[bouldering] 御岳3回目&初川口PUMP1
8月 30, 2009, 4:05 pm
Filed under: boulder, PUMP, sport, 御岳 | タグ: , ,

今週末は壁三昧。物凄く幸せだった。
ちなみに、上の写真はモチベーションが下がって釣り人がいないのを良いことに水切りにいそしむchippe。だが、彼女の投げた石はあまり跳ねない。

【土曜日 新靴購入&御岳】
予定通り、土曜日は御岳に向かう途中で西八王子にあるバーチに向かい、靴を購入。
お目当てはアンドレア・ボルディーニさん手作りのアパッチというシューズ。
足が入るかどうか非常に心配だったものの、問題なくフィットしてくれた。
問題なく、どころかとても良い履き心地。初めてソリューションを履いた時のピッタリ感には少し及ばないけれど購入に踏み切るには十分だった。
最初、足のサイズ的には39が丁度、と言われたのだけれど、結局38を購入。

そして御岳。
初御岳のMサを含めた4人組。

とりあえず白狐岩の左サイド5級でアップ。

ここから、chippeとpekoは「忍者返しの岩」に取り付きっぱなし。
chippeは忍者返し(1級)狙い。
pecomaは忍者クライマー返し(2段)狙い。

僕はというと、アップの後に一回触ってみたものの、なんかダメそうだったので初御岳のMサと一緒に御岳小橋エリアに移動。僕にとっても初めて登るエリア。
とりあえず一番大きくて、名前を聞いたことがある「とけたソフトクリーム」に取り付き。
登ろうとしていた時に、すぐ横でBBQしていた若者とちょっと会話。
若「これ登るんすかー?」
僕「そうですよー」
若「ふーん」

この岩の魅力がわからないとは不幸な奴だ。

あーでもないこーでもないと5級とか7級とかに妙に苦戦しながら、最終的に凹角右(3級)を2人ともクリア。

その横で、ずーっと水際カンテ(2段)の取り付きに挑戦していた人がいた。
どうやら、この人達はBBQ兼壁みたい。まぁ、主に2段挑戦してる人だけが延々挑戦してて、残り3人はずっと見てたり泳いでるんだけど。

2段チャレンジしてる人の連れで、泳いでた男の子(全くボルダー経験無し)が勧められるままに適当に裸足で登れてしまい、そのルートが3級じゃないかという話になり、超新星誕生!とかいって騒いだり、実は9級NHのルートだったことが判明して安心したり、靴かりてアンダー7級あっさりオンサイトしてやっぱり超新星誕生!とかいって騒いだりとワイワイしていた。

そうこうするうちに日が暮れてきたので、peko先生に呼び出されたこともあって忍者岩に帰還して、そこからはpeko以外の3人は忍者返しに延々トライ。
戻ったのは17時過ぎぐらいだったんだけど、なんと我々4人と御岳おじさんしかいなくて、ほぼ貸切。

結局登れなかったんだけど、トレーニングの成果なのか、左腕のひきつけが強くなってて、スローパーはほぼスタティックに手が出せるようになった。飛ばした先の部分も、距離は届いてるのに止められない状態だったのでもうすぐ。
目標にしていた8月中は達成できなかったので、リスケして10月終わるまでに変更しようと思います。


日曜日は初の川口PUMP1。メンツは御岳と一緒。本当は川俣?というリードのエリアで初の外リードの予定だったけど、天気が悪いのでジムに変更。これで、残るPUMPは大阪だけだ。

最初少しボルダーをやってからは基本的にリード。
アップで9を登ってから、徐々にグレードを上げていって、最終的に11bまで手を出した。
途中までいくと10dで最後まで行くと11bという課題があって、10dまではオンサイトで余裕だったから、そのまま延長したら、後は終了点を触るだけというところでフォール。
初のフォールだったのと、手繰り落ちしたからかなりの距離落ちたのとで非常にビックリした。

これがそのルート。pecomaは安定のオンサイト。

その時の登りでいくつか悪い点があった。
・手繰り落ち
・ロープを手に持って登って、その先でクリップ
・下りてからまごついてロープを回収しなかったため、後続の人がクリップできなかった

その後はかなり長めに休んでから、今度は11aにオンサイトトライ。これも終了点まで後2手というところでフォール。
今度は手繰り落ちまではしなかったものの、やっぱりクリップしようと思ってたところまで体を上げてから落ちてしまったので、結構な距離落下した。

登り方の改善点としては
クリップするのか登っちゃうのかの判断をすばやくする。
登った先がガバなら登っちゃえば良いじゃないとのこと。
腰クリップは良くない、少し上のクリップにかけてから進む方が良い、という風にしか知らなかったので、そこらへんは使い分けて行きたい。
後は、落ちる前に落ちそうならテンションする。時には無理して進まないで降りる事も必要。
うーん、まとまらない。


その後は皆で2Fのボルダーエリアに移動してセッション。
4人でじゃんけんして、勝った奴が課題決定、一番負けた奴から順に登る。
3人クリアした時点で終了。3周して終わらなかったら次へ。
というルールでやった。

これ、かなり良い。1本1本真剣に登るし、自分1人だともういいやー、って休んでるタイミングでも休めないし。

そうそう、安間佐千さんがいた。丁度安間さんがいる、と教えてもらった時に13のオンサイトトライをしていたらしいのだけど、動きがとても綺麗で全く悩むことなく進んでいるように見えた。カッコイイ。そして物凄い細い。強い。

靴に関しては、今のところ非常に良いです。細かい説明は、ジムのレンタルシューズとソリューションしかはいたことがないから比較できないけれど。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

コメントする so far
コメントをどうぞ



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。